口の乾燥を気をつければ口臭は減る

ストレスやら加齢やらで唾液が減ると口臭がきつくなります。

特にイライラしている人は口も臭い。唾液が減ってるからね。

唾液増やしてストレスない日々を送りたいものです。

口の中がなるべく乾かないように気をつけています。

私は服用している薬の副作用で唾液が出にくくなってしまいました。薬を飲み始めた頃から口臭や虫歯に悩むようになって、それは唾液が出にくくなって口の中が乾いたことによって起こるものでした。そんなこともあって日頃から口の中が乾かないように気をつけています。例えば水をこまめに摂取する。これは外出時は常に水筒を持っていて少しずつ口に含んで口内を潤します。ガムを噛んだり舌を口の中で動かして唾液腺を刺激させるのも外出中よく実践しています。口内がかわくと口の中の雑菌が繁殖するのでなるべくそういった環境にならないように気をつけています。

歯間ブラシで口臭対策

私が実践している口臭対策は食事後すぐに歯間ブラシを使って歯と歯の間の食事の残滓を取り除くことです。タンパク質などの残滓はすぐに唾液と混ざって腐った匂いを発し始めますのでこれをやるとやらないとでは口臭が全然違ってきます。間食など食物を口にした後は必ずやります。歯磨きは持ち歩くのも大変ですし外出時はなかなかできないのですが、歯間ブラシは小さいし外でも行いやすいのがいいですね。また歯磨きでは歯間の残滓までは取り除くことができないので、歯間ブラシの方が口臭対策では大切だと言えます。口臭のある人は大抵が歯間に食事がたまって匂っているので、これをやるだけで口臭がなくなる人は増えると思います。

ブレスケア

普段というか、明日は大切な何かがあるとか、人と面と向かっての話がある時は、前日からの食事に気を付けます。辛味のある食事、にんにくや韮の入った料理は避けて、胃にやさしい食事をなるべく心がけます。でもうっかりしてしまった時や、避けることが出来なかった時はブレスケアに頼ります。毎日かかさず飲むものでもなく、しかも、急な用事の時にもあるととても便利です。飲んだ直後は間違って歯磨き粉を飲んだような感じで違和感はありましたが、それもすぐに消えて、何より食事や口臭を気にせずストレスなく人と会話出来ることがいいです。

>>ローズサプリ効果

歯ブラシ、フロス、舌ブラシで磨く

口臭は、舌のこけや、歯の間の汚れも一因だと思うので、時間かけて口の中を磨くようにしています。
歯ブラシでまず磨いて、そのあとデンタルフロスを使って歯間の汚れを掻き出します。単にフロスを通して一度だけ前後に動かすのではなく、角度を変えて数回動かして確実に掻き出すようにしています。これは、歯医者さんに行ったときに教わったやり方です。
そのあと、舌ブラシを使って、舌の表面を軽くブラッシングします。使いはじめる前は、舌の表面が白っぽくなっているときもあったのですが、まめにブラッシングすることできれいになりました。口の中のヌメリもなくなってスッキリしたし、口臭の要因を減らすことができました。
ここまでやって1セット。これをなるべく毎日やってます。

はちみつを飲む

テレビ番組ではちみつには殺菌作用があり、口内環境を整えたり、風邪予防にも効果があるといっていました。
口内には歯周病菌やいろんな菌がいて口臭を発するようなので、はちみつを紅茶に入れてのんだり、お湯にとかしてのんだりしています。
しばらく口にふくんだまま全体にはちみつ効果が行き渡るようにしています。
まわりに人がいない時は、クチュクチュしたりガラガラとうがいをすることもあります。
寝る前の歯磨き後に飲むといいといわれていました。
はちみつはできるだけ純正のものがおススメです。
究極は「マヌカハニー」ですが、高価すぎて手がでません。でも一般的なはちみつでも口内殺菌には効果はあると言われていたので、毎日実践しています。

 

入念な歯磨きは口臭に効果あり

歯の磨き残しは口臭や虫歯の原因、入念に歯磨きは基本ですが、新しい歯磨きを変えるのも入念な歯磨きには重要です。

入念に歯を磨く・口の中が乾燥しないように気を付けている

口臭対策は、まず入念に歯を磨きます。今は口臭原因菌を殺菌してくれる「NONIO」という歯磨き粉を使っています。ゆっくり丁寧に磨いているので、5分くらいかかります。最後は舌も磨きます。また、日本人は歯ブラシを替える回数が少ないので口臭がきつい人が多いという記事をネット上で見たので、歯ブラシも月一回は替えるようにしています。歯ブラシも、毛が柔らかく磨きやすい歯ブラシをハンズやロフトで購入しています。一本あたり300円と割高ですが、虫歯や口臭を対策するためには仕方がないと思っています。
あとは口が乾燥していると口臭の原因となるらしいので、こまめに水や緑茶を飲むようにしています。

口の中の汚れ除去と殺菌

口の中の汚れに雑菌が繁殖し口臭の原因になっているので徹底的に汚れを除去するとともに、臭いの元となる雑菌を殺菌して口臭対策をしている。口の中の汚れ除去のためには、歯、歯茎、舌、口腔内全体を清潔にすることが必要になってくる。歯ブラシによるブッラシングでは歯の一本一本を意識して磨くとともに歯の裏側や奥歯のポケット部分に中止を注ぎ磨くようにしている。歯石も雑菌繁殖の原因になるため歯間ブラシで弛緩をきれいにしている。舌は舌ブラシで傷を付けないようにきれいにしている。最後にマウスウォッシュ液で口をすすぎ軽く歯を磨き、その後でイソジン液で仕上げにクチュクチュしている。

歯ブラシで舌磨き

歯磨きをきちんとしていても、疲れやストレスで唾液が少なくなると口臭が気になります。ガムを噛んだりマウスウォッシュをしても気休め程度しか効いていないと実感するのが多いです。口臭対策のグッズは沢山ありますが、舌の汚れを根本的に綺麗にしないと口臭を抑えるのは難しいです。舌を磨く専用のブラシもありますが、歯ブラシで歯を磨いた後に舌の表面も同じ歯ブラシで軽くブラッシングします。
ポイントは歯磨き時に毎回行うという事ですが、あまり強く舌を擦ると傷をつけるので注意するという点です。
舌の手入れをしないで表面が白くなっていたり、汚れが堆積すると悪臭の原因になりますので歯だけではなく口腔のお手入れも総合して口臭対策をします。

マウスウォッシュを使用する

食後に歯が磨けるときは磨き、仕上げにマウスウォッシュを使用します。
時間が無かったり、外出先で磨けない時は小さめの携帯用を使用して
マウスウォッシュのみで対応しています。
食べた後の歯に詰まっていたものが取れ、口の中の爽快感が有ります。
殺菌効果や、虫歯予防、歯周病予防、口臭予防もできるので助かっています。
食後だけでなく、タバコを吸った後にも臭いが気になるのでマウスウォッシュを使用しています。
飲食に関係なく、気になった時や口の中がスッキリしない時は爽快感を得るために使用しています。
多くのマウスウォッシュが販売されていますが、お好みの味を見つけて使用すると使用頻度が上がります。

歯磨き、のど飴。たまにブレスケア

基本的にのど飴で対処しています。
口臭が気になるわけではないが、良い香りである方が良いことには間違いないため、ミント系ののど飴を舐めることで良い香りにしています。
餃子など臭いの強いものを食べた場合に限り、ブレスケアを食べています。
臭いの強いものに限って言えばのど飴では対処しきれない感じもあるため、ブレスケアが外出時は最適だと思います。
職場などで昼食後に歯磨きするのも良いと思います。
歯磨きすることにより、昼食後についてしまう香りなどは大抵除去できます。
また、歯磨きすることにより、虫歯や歯周病予防にもなるため一石二鳥です。

口がくさいならフロスは基本

日本人はフロスをしない人が多い、まぁ面倒なのは気持ちわかりますが、やらないと歯周病や口臭に悩まされます。欧米じゃフロスは当たりまえです。

フロス リステリン

私の口臭対策ですがまず普通に歯磨きをします。出来たらブラシを縦にするなどしてなるべくこの時点で汚れを落とします。次にリステリントータルケアでよくうがいをします。このときもなるべくゴボゴボさせてください。汚れを掻き出すようなイメージです。このリステリンはアルコールが強いので吐き出したら軽くうがいをします。これだけでも朝の口臭対策には十分ですがさらにデンタルフロスを使用しています。
歯と歯の間の歯ブラシでは取り除けない部分の歯垢を掃除します。
口臭対策と同時に歯の汚れが取れるとちょっと気持ちがよく快感になります。

生活習慣の改善

私は長い間口臭に悩んでいて、原因は生活習慣にあるかもしれないと耳にし改善に取り組もうと思いました。
その中の一つとして食事のバランスを見直すことを始めました。私は一人暮らしをしていることや仕事が忙しいということもあり家事に時間を割くことができていませんでした。日々の食事には野菜が不足しておりとてもバランスが偏っていたと思います。その為、まずは日々の食事に野菜を組み込みました。そうすることで口臭の改善にもつながったと感じました。
ポイントしてはあまり無理をしないことです。一気に多くの野菜を取ろうと思うと続かない可能性もあるので、ちょっとづつ野菜を取り入れることが長続きのコツです。

1日に数回某メーカーのデンタルリンスを使って口をすすいでいます。人と対話する前にはミント系タブレットを口に含んでおきます。

起床後、すぐにデンタルリンス液をコップに大体3プッシュ入れ、口に含んで1分間くらいかけて、左右奥歯、前歯、舌の表裏頬の裏側にまんべんなく、浸していきます。口内全体に塗布していくことができたら、そのまま口の中で液を納戸も攪拌してすすぎます。これを、1日に数回行います。歯磨きの時間から3~4時間はおいて実行することが効果的と感じられます。また、他人と室内で会話することが前もって分かっている時は、ミント系タブレットをポケットなどに必ず携帯しておき1~2粒口に含んでおきます。なるべく時間を持たせるために、口の中で転がしておく程度にしておくことがコツです。2粒ですと、人によっては刺激が強いことがあるので、場合によって加減が必要です。

毎食後、丁寧に歯を磨く

介護している母は口臭がひどかったのですが、歯医者で口の中をきれいにしてもらったら臭いも劇的に良くなりました。その歯磨きを間近で見ていて、自分も実践しようと思いました。やり方ですが、普通の歯ブラシとピンポイントで磨ける超小型の歯ブラシ、歯間ブラシ、糸ようじの4つを用意します。まず普通の歯ブラシで歯と歯ぐきの間を掃除する感じで磨きます。次にピンポイントで磨ける超小型の歯ブラシで歯と歯の間を、ゴミを掻き出すイメージで磨きます。その後、歯間ブラシで歯の間を掃除して、最後に糸ようじを通して終わりです。これを、出来れば毎食後、最低でも1日1回寝る前に行います。口臭予防と虫歯、歯槽膿漏の予防にもなるのでお勧めです。初めは面倒くさいですが、慣れてしまうとやらずにはいられなくなります。

鼻呼吸で口臭の軽減をしています

私は口臭に関して神経質にいなった時期が有り、歯磨きを頻繁にする、液体の口腔洗浄剤を使用する等を色々やって口臭防止に努めましたが、その手の対応の効果は一時的な物で効果が継続しないのが悩みでした。ネット等で情報を収集したどり着いたのが鼻呼吸での口臭対策でした。しかし、元々蓄膿症気味な私でしたので鼻呼吸を上手く行えず、どうしても口呼吸になってしまいました。そこで鼻の通りを良くする事から始め様と思い、鼻うがい用の機器を購入してセッセと鼻うがいを実施した所、鼻の通りが改善され無理なく鼻呼吸が可能となりました。その結果、口内が乾く事も少なくなり、口臭の軽減が成されました。少し遠回りでしたが、薬剤に頼らない口臭対策が出来たので大成功と考えています。

常に口を湿すことによって口臭が減る

口臭の原因菌の繁殖は唾液分泌の低下によるもの。加齢によって減ってしまう唾液分泌は外部から潤してあげるようにするといいです。

こまめにお茶を飲んだり、うがいをしたりし、ミントタブレットを食べる

口臭は、唾液が少なくなり口の中が乾燥したりするのが良くないと聞いたので、こまめにお茶を飲むようにしています。緑茶がいいようです。また、可能な時は水で口をすすぐようにしています。地味ですが、効果は手軽なことを考えれば十分にあります。口臭の原因となる菌の繁殖を抑えられているのだと思います。また、ミントタブレットは必須です。自分が気にならなくとも、周囲が気になるのが口臭です。強いにおいはなくとも、個人の匂いというのもあるので、そういう不安はミントタブレットで消しています。口臭用のサプリなどもあるのはしっていますが、エチケット程度なので安価なもので十分すで。だからこそ、続けられています。

こまめなチェック

私は口臭がしていないかこまめにチェックするようにしています。平日会社でコーヒーを飲んだり飲み物を飲んだ後や、おかしを食べた後、通常の食事以外に飲み食いした後はトイレに行って口臭チェックをして口をゆすぐようにしています。なかなかゆすぎにいけなくて口臭が気になる時は、飴を食べるようにしています。口臭でも口の中よりも喉の方で気になる時もあるので、そういう時は喉スプレーをすることもあります。後は匂いのきつい食べ物をとらないようにしています。朝ごはんにネギ系の物を食べるとずっと臭いが残るので極力とらないようにしています。

念入りな歯磨き

口臭対策に1番効果があるのは、こまめで丁寧な歯磨きと、歯を磨いたあとしっかりと口をゆすぐ事だと思います。食べたあとには歯を磨く。当たり前のことだけど、習慣化されていない方も中にはいるので、しっかりとした歯磨き習慣を身につけることが大事です。ただ歯を磨けばいいわけではなく、丁寧に磨くことが重要です。優しく磨き残しがないようにまんべんなく磨くよう意識します。また、丁寧に磨いたあとのゆすぎもしっかりと行います。せっかく綺麗に磨いたのに、ゆすぎが甘いと食べかすが残ったままの状態になるので、最後まで気を抜かずに口をゆすぐようにしています。

綿棒で舌苔を取る。

舌苔は食事後の食べカス等が積み重なって舌に付き、口臭の原因となるという話を聞いた事がある為です。実際に取って、臭いを嗅いでみるとかなりクサイので効果があると思います。人によるかと思いますが、体調の悪いときは舌苔の付いている面積が多い気がするので、そういう日は大物の舌苔が取れます。ポイントとして、鏡の前で舌を思いきり出して見て、舌苔がうっすら広がる程度であれば、通常の範囲内と思われますが、舌のピンク色の部分が見えないくらいに白くなっていたらクサイ舌ですので、取り除くことをおススメします。舌ブラシという物が市販されているようですが、私は綿棒で十分だと思います。

食後に歯間ブラシを使って、食べかすを落とし、口をゆすいでいます。

爪楊枝で派だけでは、どうしても、歯と歯の間の残りかすをとりきれません。無理に、爪楊枝を歯と歯の間に入れると、歯茎が傷つき、血が出てしまいます。歯周病があり、食べかすが残っていると、徐々に違和感、痛みも出始めます。そのために、歯間ブラシと口ゆすぎで対処しています。歯間ブラシブラシがなく、口をゆすぐだけの時は、口の中で、上下の歯を閉じた状態で、「ぐちゅぐちゅ」と何度か、水を歯と歯の間を通して、舌側から唇側へ、水を出し入れする様に、ゆすぎます。口の中の水を捨て、新しいお水でこれを2、3回、繰り返します。これだけでも、抑えられます。食後、時間が経ってから、行なうよりも、できるだけ、食後に行なう方が良いでしょう。

糸ようじを毎日やると口臭が激減する

歯と歯の間の歯間、ここにはプラークが溜まりやすいので口臭がきつくなります。毎日やるとうんこ臭い臭いは激減しますよ。

糸ようじを毎日やる

加齢と共に歯と歯の間の隙間が大きくなり、磨けない場所に虫歯が出来て、治療が出来ない為、糸ようじを始めました。糸ようじは柄がついていますので、初心者でも使いやすいです。最初は出血が怖くて浅めにしか通せませんでしたが、多少出血しても深めに通した方が効率があります。斜めに通したり、左右に振りながら通すと効果が増します。
毎日やるのは本当に面倒で、疲れきってやりたくない時もあります。その際は、虫歯になりやすい奥歯だけでも通しています。歯の隙間が大きい場所も重点的にやっています。糸ようじ終了後は、うがいで汚れを流しています。

電動歯ブラシ

ブラウンの電動歯ブラシオーラルBを使用しています。歯医者で歯垢を取ってもらっていたんですが、毎月の事で出費も痛いなと感じて、歯ブラシとしてはかなり高い買い物ですが購入しました。使い始めて10年近くになります。歯垢が取れるということです。またここ10年虫歯にもなっていませんし、口臭もとれているように感じます・歯ブラシの効果か歯が白い状態がキープ出来ています。歯垢からゲル口臭は取れているように思います。歯ぐきのマッサージ効果もあり歯間ブラシと併用して使用しています。歯ブラシの替えが高いのが若干のふたんになります。

ドルツのジェットウォッシャーを使用

以前は喫煙者の上にコーヒーも大好きなため、口臭に悩まされていましたが、ジェットウォッシャーを使用するようになってかなり改善しました。朝起きてすぐに歯磨きの後にドルツのジェットウォッシャーで口内を洗浄します。ジェットウォッシャー使用のコツとしては、歯と歯茎の間に沿って水流を当てていくことです。歯磨きで十分に汚れが取れているかと思いきや、歯ブラシの毛が入らないところは意外と汚れが残っています。以前は歯間ブラシを利用していましたが、試しに歯間ブラシを使用した後にジェットウォッシャーを使用した水を見てみると、細かい食べかすや、汚水がびっくりするほど出てきました。以降は歯間ブラシの使用は止め、ジェットウォッシャーのみの使用になりました。

歯磨き 舌磨き ガムを噛む

歯磨きは朝起きてすぐに1回、朝食後出勤前に1回、在宅であれば昼食後に1回、夕食後に1回の1日3~4回磨きます。
出来るだけ優しく歯茎を傷つけないように、歯と歯の間まで歯磨きをします。
この時に毎回舌の上も歯ブラシで優しく磨きます。舌の上に白い苔?のようなものを除去するような感じで意識して磨くと綺麗になっているような気がします。無印良品などで舌磨き専用の道具も売っているのでそれを使うと結構楽に磨くことができます。あと唾液がたくさん出た方が口臭予防にはいいと聞いたことがあるのでガムを移動時間や帰宅後に家で噛むようにしています。
参考になれば幸いです。

プロの手を借りつつ口の中を清潔に保つこと

人のであれ自分のであれ、口臭がしてるなんてイヤです。特に人に気付かれたらと思うとびくびくします。そのため口臭対策には力をいれているつもりです。方法としては、まず3ヶ月おきに歯科に通院し、虫歯のチェックがてら歯垢を落とすなどのケアをしてもらっています。あとで治療するよりお金も時間も痛さもマシなので、予防する方が結局お得です。口臭についても気になった時にプロの助言を得られるし、いいことづくめなのでおススメします。自分で毎日している対策としては、起床後と就寝前の歯磨きに加え、何か食べたら即歯磨きすること。その際、歯ブラシで舌や上あごも磨くと効果があります。歯磨き粉も厳選して2種類を併用しています。おすすめはAPAGARD(アパガード) プレミオ。歯の黄ばみが落ちるくらいツルツルする実感があります。