常に口を湿すことによって口臭が減る

口臭の原因菌の繁殖は唾液分泌の低下によるもの。加齢によって減ってしまう唾液分泌は外部から潤してあげるようにするといいです。

こまめにお茶を飲んだり、うがいをしたりし、ミントタブレットを食べる

口臭は、唾液が少なくなり口の中が乾燥したりするのが良くないと聞いたので、こまめにお茶を飲むようにしています。緑茶がいいようです。また、可能な時は水で口をすすぐようにしています。地味ですが、効果は手軽なことを考えれば十分にあります。口臭の原因となる菌の繁殖を抑えられているのだと思います。また、ミントタブレットは必須です。自分が気にならなくとも、周囲が気になるのが口臭です。強いにおいはなくとも、個人の匂いというのもあるので、そういう不安はミントタブレットで消しています。口臭用のサプリなどもあるのはしっていますが、エチケット程度なので安価なもので十分すで。だからこそ、続けられています。

こまめなチェック

私は口臭がしていないかこまめにチェックするようにしています。平日会社でコーヒーを飲んだり飲み物を飲んだ後や、おかしを食べた後、通常の食事以外に飲み食いした後はトイレに行って口臭チェックをして口をゆすぐようにしています。なかなかゆすぎにいけなくて口臭が気になる時は、飴を食べるようにしています。口臭でも口の中よりも喉の方で気になる時もあるので、そういう時は喉スプレーをすることもあります。後は匂いのきつい食べ物をとらないようにしています。朝ごはんにネギ系の物を食べるとずっと臭いが残るので極力とらないようにしています。

念入りな歯磨き

口臭対策に1番効果があるのは、こまめで丁寧な歯磨きと、歯を磨いたあとしっかりと口をゆすぐ事だと思います。食べたあとには歯を磨く。当たり前のことだけど、習慣化されていない方も中にはいるので、しっかりとした歯磨き習慣を身につけることが大事です。ただ歯を磨けばいいわけではなく、丁寧に磨くことが重要です。優しく磨き残しがないようにまんべんなく磨くよう意識します。また、丁寧に磨いたあとのゆすぎもしっかりと行います。せっかく綺麗に磨いたのに、ゆすぎが甘いと食べかすが残ったままの状態になるので、最後まで気を抜かずに口をゆすぐようにしています。

綿棒で舌苔を取る。

舌苔は食事後の食べカス等が積み重なって舌に付き、口臭の原因となるという話を聞いた事がある為です。実際に取って、臭いを嗅いでみるとかなりクサイので効果があると思います。人によるかと思いますが、体調の悪いときは舌苔の付いている面積が多い気がするので、そういう日は大物の舌苔が取れます。ポイントとして、鏡の前で舌を思いきり出して見て、舌苔がうっすら広がる程度であれば、通常の範囲内と思われますが、舌のピンク色の部分が見えないくらいに白くなっていたらクサイ舌ですので、取り除くことをおススメします。舌ブラシという物が市販されているようですが、私は綿棒で十分だと思います。

食後に歯間ブラシを使って、食べかすを落とし、口をゆすいでいます。

爪楊枝で派だけでは、どうしても、歯と歯の間の残りかすをとりきれません。無理に、爪楊枝を歯と歯の間に入れると、歯茎が傷つき、血が出てしまいます。歯周病があり、食べかすが残っていると、徐々に違和感、痛みも出始めます。そのために、歯間ブラシと口ゆすぎで対処しています。歯間ブラシブラシがなく、口をゆすぐだけの時は、口の中で、上下の歯を閉じた状態で、「ぐちゅぐちゅ」と何度か、水を歯と歯の間を通して、舌側から唇側へ、水を出し入れする様に、ゆすぎます。口の中の水を捨て、新しいお水でこれを2、3回、繰り返します。これだけでも、抑えられます。食後、時間が経ってから、行なうよりも、できるだけ、食後に行なう方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です