口の乾燥を気をつければ口臭は減る

ストレスやら加齢やらで唾液が減ると口臭がきつくなります。

特にイライラしている人は口も臭い。唾液が減ってるからね。

唾液増やしてストレスない日々を送りたいものです。

口の中がなるべく乾かないように気をつけています。

私は服用している薬の副作用で唾液が出にくくなってしまいました。薬を飲み始めた頃から口臭や虫歯に悩むようになって、それは唾液が出にくくなって口の中が乾いたことによって起こるものでした。そんなこともあって日頃から口の中が乾かないように気をつけています。例えば水をこまめに摂取する。これは外出時は常に水筒を持っていて少しずつ口に含んで口内を潤します。ガムを噛んだり舌を口の中で動かして唾液腺を刺激させるのも外出中よく実践しています。口内がかわくと口の中の雑菌が繁殖するのでなるべくそういった環境にならないように気をつけています。

歯間ブラシで口臭対策

私が実践している口臭対策は食事後すぐに歯間ブラシを使って歯と歯の間の食事の残滓を取り除くことです。タンパク質などの残滓はすぐに唾液と混ざって腐った匂いを発し始めますのでこれをやるとやらないとでは口臭が全然違ってきます。間食など食物を口にした後は必ずやります。歯磨きは持ち歩くのも大変ですし外出時はなかなかできないのですが、歯間ブラシは小さいし外でも行いやすいのがいいですね。また歯磨きでは歯間の残滓までは取り除くことができないので、歯間ブラシの方が口臭対策では大切だと言えます。口臭のある人は大抵が歯間に食事がたまって匂っているので、これをやるだけで口臭がなくなる人は増えると思います。

ブレスケア

普段というか、明日は大切な何かがあるとか、人と面と向かっての話がある時は、前日からの食事に気を付けます。辛味のある食事、にんにくや韮の入った料理は避けて、胃にやさしい食事をなるべく心がけます。でもうっかりしてしまった時や、避けることが出来なかった時はブレスケアに頼ります。毎日かかさず飲むものでもなく、しかも、急な用事の時にもあるととても便利です。飲んだ直後は間違って歯磨き粉を飲んだような感じで違和感はありましたが、それもすぐに消えて、何より食事や口臭を気にせずストレスなく人と会話出来ることがいいです。

>>ローズサプリ効果

歯ブラシ、フロス、舌ブラシで磨く

口臭は、舌のこけや、歯の間の汚れも一因だと思うので、時間かけて口の中を磨くようにしています。
歯ブラシでまず磨いて、そのあとデンタルフロスを使って歯間の汚れを掻き出します。単にフロスを通して一度だけ前後に動かすのではなく、角度を変えて数回動かして確実に掻き出すようにしています。これは、歯医者さんに行ったときに教わったやり方です。
そのあと、舌ブラシを使って、舌の表面を軽くブラッシングします。使いはじめる前は、舌の表面が白っぽくなっているときもあったのですが、まめにブラッシングすることできれいになりました。口の中のヌメリもなくなってスッキリしたし、口臭の要因を減らすことができました。
ここまでやって1セット。これをなるべく毎日やってます。

はちみつを飲む

テレビ番組ではちみつには殺菌作用があり、口内環境を整えたり、風邪予防にも効果があるといっていました。
口内には歯周病菌やいろんな菌がいて口臭を発するようなので、はちみつを紅茶に入れてのんだり、お湯にとかしてのんだりしています。
しばらく口にふくんだまま全体にはちみつ効果が行き渡るようにしています。
まわりに人がいない時は、クチュクチュしたりガラガラとうがいをすることもあります。
寝る前の歯磨き後に飲むといいといわれていました。
はちみつはできるだけ純正のものがおススメです。
究極は「マヌカハニー」ですが、高価すぎて手がでません。でも一般的なはちみつでも口内殺菌には効果はあると言われていたので、毎日実践しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です