糸ようじを毎日やると口臭が激減する

歯と歯の間の歯間、ここにはプラークが溜まりやすいので口臭がきつくなります。毎日やるとうんこ臭い臭いは激減しますよ。

糸ようじを毎日やる

加齢と共に歯と歯の間の隙間が大きくなり、磨けない場所に虫歯が出来て、治療が出来ない為、糸ようじを始めました。糸ようじは柄がついていますので、初心者でも使いやすいです。最初は出血が怖くて浅めにしか通せませんでしたが、多少出血しても深めに通した方が効率があります。斜めに通したり、左右に振りながら通すと効果が増します。
毎日やるのは本当に面倒で、疲れきってやりたくない時もあります。その際は、虫歯になりやすい奥歯だけでも通しています。歯の隙間が大きい場所も重点的にやっています。糸ようじ終了後は、うがいで汚れを流しています。

電動歯ブラシ

ブラウンの電動歯ブラシオーラルBを使用しています。歯医者で歯垢を取ってもらっていたんですが、毎月の事で出費も痛いなと感じて、歯ブラシとしてはかなり高い買い物ですが購入しました。使い始めて10年近くになります。歯垢が取れるということです。またここ10年虫歯にもなっていませんし、口臭もとれているように感じます・歯ブラシの効果か歯が白い状態がキープ出来ています。歯垢からゲル口臭は取れているように思います。歯ぐきのマッサージ効果もあり歯間ブラシと併用して使用しています。歯ブラシの替えが高いのが若干のふたんになります。

ドルツのジェットウォッシャーを使用

以前は喫煙者の上にコーヒーも大好きなため、口臭に悩まされていましたが、ジェットウォッシャーを使用するようになってかなり改善しました。朝起きてすぐに歯磨きの後にドルツのジェットウォッシャーで口内を洗浄します。ジェットウォッシャー使用のコツとしては、歯と歯茎の間に沿って水流を当てていくことです。歯磨きで十分に汚れが取れているかと思いきや、歯ブラシの毛が入らないところは意外と汚れが残っています。以前は歯間ブラシを利用していましたが、試しに歯間ブラシを使用した後にジェットウォッシャーを使用した水を見てみると、細かい食べかすや、汚水がびっくりするほど出てきました。以降は歯間ブラシの使用は止め、ジェットウォッシャーのみの使用になりました。

歯磨き 舌磨き ガムを噛む

歯磨きは朝起きてすぐに1回、朝食後出勤前に1回、在宅であれば昼食後に1回、夕食後に1回の1日3~4回磨きます。
出来るだけ優しく歯茎を傷つけないように、歯と歯の間まで歯磨きをします。
この時に毎回舌の上も歯ブラシで優しく磨きます。舌の上に白い苔?のようなものを除去するような感じで意識して磨くと綺麗になっているような気がします。無印良品などで舌磨き専用の道具も売っているのでそれを使うと結構楽に磨くことができます。あと唾液がたくさん出た方が口臭予防にはいいと聞いたことがあるのでガムを移動時間や帰宅後に家で噛むようにしています。
参考になれば幸いです。

プロの手を借りつつ口の中を清潔に保つこと

人のであれ自分のであれ、口臭がしてるなんてイヤです。特に人に気付かれたらと思うとびくびくします。そのため口臭対策には力をいれているつもりです。方法としては、まず3ヶ月おきに歯科に通院し、虫歯のチェックがてら歯垢を落とすなどのケアをしてもらっています。あとで治療するよりお金も時間も痛さもマシなので、予防する方が結局お得です。口臭についても気になった時にプロの助言を得られるし、いいことづくめなのでおススメします。自分で毎日している対策としては、起床後と就寝前の歯磨きに加え、何か食べたら即歯磨きすること。その際、歯ブラシで舌や上あごも磨くと効果があります。歯磨き粉も厳選して2種類を併用しています。おすすめはAPAGARD(アパガード) プレミオ。歯の黄ばみが落ちるくらいツルツルする実感があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です